本命ポイント

独身時代から、ずーっと持っている恋愛の信念があります。
それは運命の人、本命を見極めるための私なりのルール。

「自分が落ち込んでいる時にこそ合う人」。
だって楽しい時って誰とでも楽しいじゃない?
それよりは落ち込んでいる自分と波長が合う人が大事だと、私は思うな。

というのも、落ち込み方も人それぞれでしょ?
黙って閉じこもるのか、ひたすらどうすべきか考えるのか、愚痴や不満を言いまくるのか、気分転換に買い物に出るのか、お酒を飲みに行くなんていう人もいるかもしれないし、ひとりになりたいっていう人もいるかもしれない。
それが順番に来る場合でも順序が違ったりするよね。
そんな時、一緒に居るときは楽しい彼でも波長が合わなかったら意味がないと思うのです。

ひとりになりたいのにやたらと励まされたり、逆にバカ騒ぎをして忘れたいことがあるのにそれが出来ないタイプの人だったり。
人生って、夫婦って、やっぱり辛い時をどう乗り越えるかだと思うんです。
だから私はやっぱり「落ち込んだ時に合うフォローをしてくれる人」がイイと思う!!

そうやって選んだ主人は、まさに本命だったと今でも確信してますよ。
運命かは分からないくらいビビッと来たわけじゃないけど(主人に内緒です(^_^;))、私にはピッタリの末長く夫婦として歩んで行ける人だと年を追うごとに思います。

例えば私が落ち込んでいる時には、ちゃんと話を聞いてくれる。
最初はソレに対して「こうした方がいい」「ああした方がいい」とか「仕事の愚痴はもう聞きたくない」なんて言われたりもしたけどね。
でも「今日はただ聞いて頷いていてほしいの」とか「愚痴にしたくないから、どうしたらいいか相談させて」と切り出して話すうちに、私にピッタリの人になりました(*^_^*)
とりあえず、どんなに寝不足でもとことん話しは聞いてくれます。
ただ慰めることはしない人で、どうしてそう思うのか、それをどうしたいかをカウンセラーみたいに話してくれます。
もちろん私の性格を踏まえたうえでね。

そう思うと最初から合う人なんてやっぱり居なくて、2人で築き上げてきた形なのかもしれませんね。
話し合える相手、高めていける相手、お互いが変わっていける相手であること、そういうのが本命には大事なのかもしれません。
それを見極めるのが「落ち込んでいる時」。
自分もそうだけど、相手が落ち込んでいる時の自分も想像してみて、支え合っていけるようなら、私のルールでは彼は本命ですよ。

フィーリングだけじゃ世の中、渡っていけませんから(苦笑)
情熱的な感情だけで乗り切ってきた方は、ぜひ結婚の前に自分なりの本命ポイントを考えてみてはいかがでしょ?(*^_^*)


このページの先頭へ